伏条更新 樹種

Feby 8, 2020
伏条更新 樹種

伏条更新 樹種

世界大百科事典 第2版 - 伏条更新の用語解説 - 林を仕立てようとする区域の中に落ちた種子が発芽して定着する場合(天然下種更新)が最も普通で,狭義ではこれを天然更新とよぶ。広義では,切株からの萌芽が大きくなる場合(萌芽更新),下枝が地面につき発根して独立の林木に生長する場合(伏条...

 · 前回は森林とco2の関連についてとりあげました。貯留庫として残す自然林と、更新していくべき森林がある事はお分かりいただけたと思います。今回は、その森林の更新について見ていきましょう。天然林でも人工林でも、木を利用するためには伐採が必要で、その跡に新たな林木を育てる必要 ...

天然更新② ―萌芽更新・伏条更新― 天然更新のうち、広葉樹の根株からの発芽による更新を「萌芽更新」といいます。萌芽更新は、薪炭林などで古くから実施されてきました。 萌芽更新には、発芽の力と芽の生長力が強い樹種が適しています。

1990)。森林の主要な構成種である樹種もまた栄養繁 殖として萌芽や伏条などのクローナル成長を行うた め、個体性の判別が難しく更新過程を明らかにする ことは難しい。また、樹木は大型で長命なため、有性 生殖によって生産された種子の品質に関る ...

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 天然更新の用語解説 - 天然の力を利用して仕立てる造林法。自然に落下した種子から稚樹を発生させ,林の更新をはかる天然下種更新と,切り株,根,地下茎などから萌芽や伏条を発生させる萌芽更新とに大別される。

述のように多様である.それらのうち,氷河期(冷夏の連続)との関連がつよい伏条繁殖は,今では, 数多くの樹種に知られていて,表 1のようである. 表1 伏条繁殖をする樹種,場所,文献 種 生活形 場所 …

アテは、耐陰性が高く、伏条更新が可能な樹種 であることから、複層林(択伐林)による経営が 可能な樹種である(船引・里見1972)。とくに、 アテ択伐林は一度林型が整ってしまえば、林分成 長量が一斉林より大きいこと(中野2002、成田・

ける更新樹の樹高階別分布密度のパターン(以下,樹 高分 布タイプと呼ぶ)に 注目して樹種分類を行い,更 新樹の耐 陰性や伸長成長速度との関連について検討した。また,実 生の発生環境,萌 芽更新や伏条更新をする性質の有無,種

混交樹種として、ミネカエデ、ナナカマド、チ シマザクラ、エゾマツがみられたが、いずれも低 い伏生型を示し、斜距離が1.3mの 直径も1~7cm であった。エゾマツを除いて、これらの広葉樹に も伏条更新、萌芽更新がみられた。

3-5.伏条性、耐朽性 (ふくじょうせい、たいきゅうせい) 伏条更新 伏条性: 光条件の良く ない林内などで、 下枝から発根し て次々に新しい 個体として増殖 してゆく性質。 高木性の樹種 では、比較的珍 …

伏条更新 樹種