渡辺 雄介 脚本

Feby 8, 2020
渡辺 雄介 脚本

渡辺 雄介 脚本

渡辺 雄介(わたなべ ゆうすけ、1979年9月20日 - )は、日本の脚本家。千葉県松戸市出身。早稲田大学第一文学部演劇映像専修卒業。大学在学中に日本テレビ系列深夜ドラマshin-D『チェリー』にて脚本デビュー。オリガミクスパートナーズ所属。

渡辺 雄介(わたなべ ゆうすけ、1979年9月20日 - )は、日本の脚本家。千葉県松戸市出身。早稲田大学第一文学部演劇映像専修卒業。大学在学中に日本テレビ系列深夜ドラマshin-D『チェリー』にて脚本デビュー。オリガミクスパートナーズ所属。

こんにちはうさぎ♪です。 ドラマの面白さの根幹を担う脚本家。脚本家の名前で見るドラマを決める人がいるくらい重要な存在ですよね。 今回は、スタートから好評なドラマ『レンタル救世主』の脚本を勤める渡辺雄介さんにスポットを当ててみたいと思います。

渡辺 雄介 脚本家 1979年生まれ 千葉県松戸市出身 2001年 早稲田大学 第一文学部 演劇映像専修 在学中に日本テレビ系列深夜ドラマSin-D 『チェリー』 に 抜擢され 脚本家デビュー 2002年 早稲田大学を卒業、以後、様々な作品に携わる

マリオン さん. 去年ガッチャマンでやらかした脚本家渡辺雄介がまたやりやがった!シリアスな物語に唐突に挟まれるマヌケなギャグシーン、ツッコみどころ満載な駆け引き、セリフのセンスのなさ…こんな奴が邦画大作を担当しているのが本当に許せない。

脚本は『20世紀少年』(全3章)、『GANTZ』、『ドラゴンボールZ 神と神』、『ザ・ファブル』などを手掛けてきた渡辺雄介。 音楽は、JUJU、EXILEら数々のアーティストに楽曲提供、アレンジ、プロデュースを行い、日本レコード大賞など数々の受賞歴を誇るJin ...

6人目の対談相手は脚本家の渡辺雄介さん。 『20世紀少年』、『gantz』、『ドラゴンボールz 神と神』、 そして公開前にして話題を集める『進撃の巨人』。 漫画を原作とする数々の映画の脚本家をつとめる渡辺さんに、 脚本家とはどういう仕事なのだろうか?

渡辺 雄介 脚本